過呼吸を読み解く10の視点

駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは過呼吸

8月17日

12:30 入院受付。
13:15 入院する部屋着、産褥セット、書類、部屋の説明。
13:45 シャワー。
15:20 ラミセル1本とガーゼと生食。
普段の生理痛の30%くらいの持続的鈍痛。入れる前の膣広げて子宮口を指でグリグリされてる方が「いっ」て声出るくらいには痛い。
15:50 抗生剤用の点滴ライン確保。
16:10 抗生剤開始(ビクシリン1g100ml)約1時間で終わる。分娩終了まで8時間おき。
17:40 ラミセルを抜き、ラミナリア5本。子宮口は順調に開いてるとのこと。何本入ればいいですかと聞いたら、このくらいで十分、とおっしゃってた(6本目チャレンジしてたけどw)。先生が違ったけど腕がいいのか1回目より痛くない。処置後も生理痛の30%くらいの持続的鈍痛。
本日の処置は終了。
ふんどしにマジックテープついてるみたいなショーツが頼りない。そしてパットがでかい。
用意されてた産褥セット…ちゃんと正産期に産めたら良かったのになぁ…。
昼が37.1℃、夕方37.3℃の熱あったけど、エアコンだったのか緊張だったのか、夜は36.8℃まで落ち着いた。
結局1時くらいまで色んな体験談を読んでいた。
染色体検査でダウン症からの中絶を選んだ人の罪悪感が凄まじかった。
私はもう先生から、赤ちゃんは生きて産まれることはないゼロ宣告、そして母体も危ないと言われたことで罪の意識は軽いんだろうなと思った…。
罪の意識という点では多分夫が一番「母体の安全のために赤ちゃんを殺す」と思っていたと思う…。
この時点では関係者の誰よりも私が前向きだった。
「なんか器が今回は良くなかったから次回もっといいのお願いしますね!!」て赤ちゃんから言われてる感じだった。
母からは、夜一人で寂しいだろうけど云々と言われたけど、情報集めに忙しいし
ツイッターでフォロワーさんがすごく声をかけてくれるので寂しくなかった。
あと「可能な限り赤ちゃんも私も楽に、そして綺麗に産んであげたいんじゃ!!」
という思いでいっぱいだった。
これが前向きなのか逃避なのかは分からなかったけど。
(綺麗に、というのは、むくんでいる状態は大変皮膚が弱く、最悪首とか手足が千切れて
 生まれる場合もあるとのことで、結構心の準備というか覚悟をね…)
ずっとお腹がゆるくて、出産時に汚いことになったらどうしようと、看護師さんに聞いた。
そしたら、当日も三食ご飯は出るとのこと。
促進剤入ると更にお腹ゆるい感じになるけど、分娩時に仮に便が出ても赤ちゃんにはつかないようにうまく出来るし、スタッフに対しては「慣れてるから全然気にしなくていい」という男前なお答えが返ってきた…ひえ…。
1時間ごとに目が覚める。
8月18日
7:40 ラミナリアとガーゼを取る。粘膜が傷ついてる程度の出血。外側の子宮口は指一本開いてるけど、内子宮口がまだ固い。でも陣痛促進剤の膣錠も広がる作用があるとのことで、拡張はせず膣錠のみ挿入。
8:45 生理痛よりマシなレベルの上、間隔が12分、6分、7分とバラバラ。陣痛と尿意と便意が一緒で困る。
10:30 出血。分娩室移動。子宮口2.5cm。柔らかくはなってる。赤ちゃんの頭は4cm。
11:00 生理痛の2倍くらい。痛い1分、痛くない1分くらい。たまに痛いの2分。痛いと水飲む余裕もない。呼吸は吸う方が楽。手足がしびれるのが怖い。
12:08 破水。
12:40 胎児娩出。
12:43 胎盤娩出。
破水直前がもうほんと痛みピークゲッソリ
痛みで息ができないって初めてだったし、手足がなぜしびれるのか必死で聞いたら
過呼吸って言われて。
過呼吸なんだったら誰か袋下さい…ショックなうさぎ
(今度出産するときは紙袋横に置くぞ…!!)
でも破水して腹圧MAXが解放されて大分楽になった。
破水ってすごいね。
ほんとに(パアン!!)ってなってすっごい吃驚した…。
でも破水後に陣痛の間隔が空くようになってしまい、指入れられると痛くて呼吸とか気にしてられなくて、持続的にぐりぐりやるのやめて欲しかった
腹部エコーをやったら子宮内にまだ体があるのでまだ長引くかも、と足開いた体勢から寝る体勢に変えられた。
でも陣痛に合わせてゆっくりいきんでたら割とすぐずるっとした感触があり、赤ちゃんの体が半分外に出た。
体勢をすぐに戻され、フーフーして、また次の陣痛でいきんで、という感じで、出産できた。
胎盤もそんな感じでいきんでスムーズに出せた。
当たり前だけど、産声はない…。
陣痛の痛みと苦しみの先に赤ちゃんが待ってると思うと頑張れる、とよく聞くけど
流産死産中絶の人はその喜びという支えが全くないお産になる。
それでもみんな産まなきゃならない…。
この世に生を受けることのない我が子を
せめて綺麗に産んであげるということだけが、私だけにできる最後の仕事だった。
赤ちゃんは産まれてすぐ隣に連れていかれた様子だった。
血まみれでいいから一目見たくて少し上体を起こしたけど、見れなかった。
胎盤はちょっと見た。
18週であんなでっかい胎盤ができるの!?と思った。(手のひらくらいはあった)
命って本当に神秘…。

胎児が脆いので子宮内に少し塊が残っ
てそうということで、掻き出したけどあまり無かった様子。多分これもそこそこ痛い処置なんだろうけど、出産終わった直後過ぎてたぶん感覚麻痺してた。

終わるとほんとに痛み忘れる。とりあえず絶叫するほどでは無かったけど早く終わっては欲しかった。

出産としては胎児がかなり小さいので早かったけどこれでも、まだかーはよーはよーあせると思ってた。

最大陣痛中の周りの人への受け答えは頷くか、いる、いらない、だいじょぶ、くらいしか答えられない。
おさまってると喋れるんだけど痛いと一声が精一杯。
夫に腰をさすってもらうという表現をよく見たけど、自分以外の振動が辛いので、夫には暖かいタオルで抑えてもらったり、頭に手を置いてもらったりしていた。
あれ多分さすれるのって最大陣痛中じゃなくて、20分おき中とかそのくらいの話だよね?
後から「周りの人にあんな雑に喋るふみを初めて見た」と夫から言われたけど、本当に1語以上を喋るだけの空気も余裕もないんだよぉ…あんぐりうさぎ
しかしまぁ産まれちゃうとほんと呼吸がころっと戻るし痛みを忘れる。
2時間そのまま安静にしていてと言われ、15時まで分娩室でごろごろ。
分娩室なのに長居してていいのか?と思ったけど、空いていたんだろうね。
ご飯が運ばれてくるものの、興奮と疲れでお腹もすいておらず、勿体無いけどかじる程度。
入院日はお義母さんが付き添ってくれて、夫も夕方から来てくれた。
出産日は夫が朝から付き添ってくれて。
分娩室移動してから母が到着して
(えっ母分娩室入るの!?ちょっと恥ずかしい!!)
と思いつつ遠くから来てくれて反論もできないのでもう居てもらうことに(笑)
実母が分娩室にいた人っています…?
なんかこう、時々様子を伺うレベルでいいんじゃない…?(笑)
立ち合い出産とか決めてなかったので、産まれそうな寸前に母と夫が一旦廊下に出され
「旦那さんの立ち合いどうされます?」
「夫の、好きに…して、下さ」(もう息が続いてない
ということで、立ち合い出産になった。
どちらでもいいと思ってたけど、立ち合ってくれて私は良かったな。
なんというか苦しいの半分持って行ってくれって気持ちがスッキリするというか…(酷い
でもこれ分娩室入って2時間で終わったからずっと居てくれたけど、正産期の出産は長いのでそこまで居てくれるかねぇ…。
確かに出産の時に夫の愛情試されるわ…と思いました。
お義母さんは午後からくるといってて、丁度出産終わった30分後くらいに到着。
グッドタイミング。
赤ちゃんをいつ抱けるかな…と思っていたのだけど、ほぼ安静終了の2時間経ちそうな時だった。
血を洗って体に溜まった水分を抜いて、肌を傷めずに綺麗にしてくれるのにきっと時間がかかったのだろう。
最後のエコーを見た時から、もう人間の形はしていない
肉の塊かも知れないと覚悟はしていた。
それでも抱きたいと伝えていた。
「赤ちゃん準備できたので、連れてきますか?」
「はい」
小さい。
看護師さんが白いバスタオルを抱いている。
そっと私の腕に乗せてくれる。
目を閉じて眠っているような綺麗な顔をした小さい小さい赤ちゃんだった。
肉の塊ではなく、ちゃんと人だった。
目も鼻も口も耳も分かる。手も足も指が小さいのに5本あるのが分かる。爪もある。
水腫のせいでぷにっぷにで触ったら本当に崩れそうだったけど。
230gにしてはずっしり感じた。
言葉が出なかった。
ありがとう。
ありがとう。
私と夫のところに来てくれて。
今度は生きられる体を用意するから、きっと帰って来てね…。
お義母さんが「可愛いね」と言ってくれた。
母は後ろで泣いている様子だった。
赤ちゃんを夫や母も抱いてくれてしばらくして
「全身を拭いて着替えますね」
と看護師さんが全員退室させ、赤ちゃんをまた別の部屋へ連れて行った。
私はそこまで一度も泣いていなかった。
「大丈夫ですか」と看護師さんに声をかけられた。
何がだろう、と思った。
あ、もしかして泣いてないことを気にされている?のだろうか…?
他の人のことは分からないけど、多分みんな産む時とか抱いた時泣くんじゃないだろうか…?
入院してからそれまでずっと普通に喋っていたし、前夜も泣いていなかった。
望んでないのに子を亡くしたようには見えていなかったと思う。
「あぁ…綺麗に産んであげたい、とだけ考えてたので…」
「そうですか、可愛い赤ちゃんでしたね」
「大きく元気に産んであげたかったですけど…」
「そうですね…色んな方がここには来ます」
なんだかそんな優しい、ふわふわとした柔らかい会話が続いた。
温かいタオルで全身を拭いてもらって、優しい言葉をかけてもらって、
話していくうちに少しずつ感覚が現実に戻って来たようで、私はようやく泣いた。
一緒に泊まるという夫が絶賛風邪をひいていたので、無理やり家に帰す。
個室で夜一人になり、たまちゃん、とようやく
赤ちゃんの名前を口にした。
涙が溢れる。
嗚咽を漏らしながら棺に入れる鶴をひたすら折った。
まだ少し膨らんでいるお腹。
でももうお腹をポコポコしてくる存在はいない。
赤ちゃんは1日も生きられずに明日火葬になる。
夜の巡回をしていた看護師さんが、まだ電気が付いていて私が泣きながら鶴を折っていることを確認する。
「眠れなかったり何かあれば話したりできますので呼んでくださいね」と静かに声をかけてくれた。
1人部屋だったのもあるけど消灯してとは言わなかった。
看護師さんや助産師さんたちはみんな優しく白衣の天使だった…。
自分の体が
楽になって一人になった途端に涙が止まらなかった。
涙ってどこで生産してるんだろうと思うくらい泣いた。
泣いた分だけ夫の買ってきてくれたポカリが減った。
出産時の出血量は230だか250ml。少ないので手帳には記載していないと言われた。
赤ちゃんは230g、18.5cm。むくみで性別は分からなかった。
でもなんとなく、産む前は私男の子かなと思ってたけど、産んだら女の子な気がした。
この日は流石に疲れたし泣いたし、4時間半眠れた。
8月19日
9:20 内診終了。1cm程度の残留物があるからまだ塊の出血は出るとは思うけど心配なし。退院許可が下りる。
11:00 葬儀屋さんが来る。
    朝からずっと部屋に来ていた赤ちゃんを棺に入れ、折り鶴や安産お守りや買っていたよだれかけを入れて、蓋を閉じる。
    流石に涙が止まらない。
11:30 退院
赤ちゃん用の低温火葬場なので骨は残るという。
ただ、お墓がないので、一時的に赤ちゃん寺にお願いすることになった。
10年預かってくれるとのこと。
お墓、探さないとな。
赤ちゃんのために買うものが、1つ目がよだれかけで2つ目がお墓なんて。
とても寂しい…もっと、楽しいもの、たくさん買ってあげたかった…。
幸いにも安産だったし、出血も少なく合併症も何もなく日常に帰ってこれた。
つわりが軽かったから親孝行だねって話しかけてたけど、最後の親孝行もありがとう。
(この記録もまだ泣きながら書いているけど
 出産や、胎児水腫、中絶等、辛い出産になる人の何か参考になるなら嬉しいです)

過呼吸は滅びんよ、何度でも甦るさ!

おはようございます。

なないろリフレのかおりんこと、住谷(すみや)香です。

 /  /  / 

今日のカラーはオレンジ、アロマはイランイランです。

【アロマ】イランイラン

メッセージ:心の中に隠れているワクワクする気持ちを探してみて!

イランイランは、香水にオススメです。

イランイランが苦手な方も他の精油とブレンドすると大丈夫な場合もあります。

苦手な香りだからこそ、生活に取り入れて自分の女性性を受け入れるという方法もあります。

折角女性に生まれてきたんだもの。

アロマを味方につけて、女性という性を楽しんでみませんか?

相性の良い精油:ジャスミン、ネロリ、ローズ、オレンジスイート、レモン

心への作用:神経をリラックスさせるため、パニックや興奮状態を鎮め、喜びの感情をもたらします。怒りや不安などの感情を和らげ、落ち着きと自信の回復を促します。

身体への作用:女性ホルモンの調整作用、催淫作用、鎮静作用、子宮強壮作用、血圧降下作用、過呼吸症状の改善、殺菌消毒作用など

肌の作用:皮脂バランス調整作用、頭皮の刺激・強壮作用など

【カラー】オレンジ

メッセージ:つながり合う喜びと安心感

オレンジは、「バラバラになったものを再び繋げる」というメッセージを強くもったいろです。

オレンジのエネルギーは、バラバラになってしまったものを魔法のようにつなぎ合わせて、もう一度自分の内側にあるはずの喜びの感情につなげてくれるのです。

それはまるで、自分の体全体が夕日にすっぽり染められた時に湧き上がる、喜びと安心感に似ているかもしれません。

今日も素敵な1日をお過ごし下さい。

今日もお読みいただきありがとうございます。

ご縁に感謝いたします。(‐^▽^‐)

☆お知らせ☆

浴衣を自分で着て花火が観える本格イタリアンの

立食パーティーに参加しませんか?【湘南・平塚】

なないろリフレサロン

Venus Shining (ヴィーナス・シャイニング)

【営業時間】10:00〜16:00(最終受付)

【定休日】不定休

【住所】 神奈川県中郡大磯町国府本郷

【最寄駅】JR大磯駅、JR二宮駅

 中丸バス停より徒歩3分

 (送迎あり・駐車スペース1台あり)

【メール】 

[広告] 楽天市場
  • パニック障害と過呼吸 (幻冬舎新書) [ 磯部潮 ]
  • TOC/過呼吸(初回限定盤)(DVD付)
  • 【中古】 パニック障害と過呼吸 幻冬舎新書/磯部潮【著】 【中古】afb
  • 過呼吸 (初回限定盤 CD+DVD) [ TOC ]
  • パニック障害と過呼吸【電子書籍】[ 磯部潮 ]
  • 過呼吸 [ TOC ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする