福袋の中身は年々凝っている

303468

お正月の定番として多くの人が買っているのが福袋です。アパレルショップや家電量販店など様々なジャンルの福袋があります。

どれも中身が見えないので、本当に自分が欲しかった物が手に入るとは限りません。
しかし買ってみないと中身が分からないドキドキ感を好む客も多いです。
運が良ければ福袋を購入した分より価値の高い商品が入っています。サイズの合わない服などいらない物ならば、ネットオークションに出すなどでお小遣いをゲットできます。

人気ブランドの福袋を買うのはお正月の早朝から行列に並ぶ必要がありますが、時間や体力を費やしても得られるものが大きいので毎年恒例となっています。

福袋が登場したのは明治時代とされます。明治時代に一部の百貨店で始められ、昭和以降には全国各地の百貨店も取り入れていました。1980年始めは人気が爆発した時期で、当時の新聞には買い求める客で1000人以上の行列ができていたと記録されています。

日本の景気が良くなってバブル期に突入すると、ブランド品を詰め込んだものが増え、現在のように1万円~10万円もする豪華な福袋が一般的となりました。1990年代にはどれほど客を集められるかが重要視されていました。

メディアは毎年福袋の行列を全国に報道していたので、多くの客を集めれば店の知名度につながるためです。福袋で儲けが出なくても新規客が入って他の商品を買ってくれれば良いという考え方です。この頃から季節ハズレの洋服など、店が抱える在庫も織り交ぜるようになります。最近は中身がより優れた物を求める傾向があるため、売れ筋の悪い商品よりも赤字覚悟の商品を入れることが多くなりました。

インターネットでも販売しており、口コミを通して前年の中身を確認することもできるため、質の悪い商品を混ぜることが店にとって不利益になりやすいです。人気店ではインターネット販売でさえ予約がすぐに満杯になるので、早めに情報を入手しなければ行列を避けることはできません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする